負担が少なくなります

スカートスーツは弾力材の張力を使って身体の負担や疲労を和らげることを目的とした素晴らしいスーツです。北海道方面の大学 大学院だったと思う松本光弘と共同開発した駐車アシスト技術を用いて農作業における身体の動きをラクにし、筋骨格動力学と動作中の筋力アップに素晴らしい効果を発揮するよう弾力材の特徴と雰囲気を設計しています。

機械的な動力を用いず軽く柔らかい弾性材を使用しているので、安価で優れた着心地が特徴です。介護用スカートスーツの実用化開発に際し、アンケートを実施して介護労働現場のニーズ調査を行いました。その結果「動きやすさを重視した 腰の負担を軽減するスカートスーツが期待されている」ということがわかりました。

腰に負担のかかる前屈動作に合わせ、上半身を引き起こす 後背部の筋力補助と腹部を引き締め体幹を安定化させる2つの補助効果が適切に発揮されます。

スカートスーツは、このニーズに適合する機能を有した軽量化スーツとして実用化開発を行いました。

毛穴をなくす方法